HPCシステムズのエンジニア達による技術ブログ

Tech Blog

Intel Data Center Managerについて

概要
監視や管理を行うソフトウェアの分類にData Center Infrastructure Management
というものがあります。
Data Center Infrastructure Managementはデータセンター内の資産管理を行うソフトウェアです。
具体的には、サーバラックが何台あり、どこに配置されているか?
ラックの温度は何度か、消費電力は何wか?といったことを集約して集中管理することができます。
Intel社からData Center Manager(以下DCM)という有償ソフトウェアでリリースされています。
このDCMは各社のIPMIから、センサー情報を取得して、温度、消費電力、各コンポーネントの故障情報を
取得することができます。
最近のサーバは消費電力の高く、高発熱なCPUやGPUを搭載しているモデルがあります。
そうした高熱の発生状況の把握にDCMは役立ちます。

DCMのインストールシステム要件
HW要件
最低HW要件は以下になります。
・CPU:2コア 2.6Ghz
・RAM:4GB
・DISK:60GB
IPMIベースの2万台を管理する場合は以下の要件になります。
・CPU:2コア E5645
・RAM:24GB
・Disk:400GB(SSD)

サポートOS
・Microsoft Windows Server 2012
・Microsoft Windows Server 2012 R2
・Microsoft Windows Server 2016
・Microsoft Windows Server 2019
・Red Hat Enterprise Linux 6.9 Server x86_64
・Red Hat Enterprise Linux 7.5 Server x86_64
・Novell SUSE Linux Enterprise Server 11 x86_64
・Novell SUSE Linux Enterprise Server 12 x86_64
・Novell SUSE Linux Enterprise Server 15 x86_64
・Ubuntu Server 16.04 x64_64
・Ubuntu Server 18.04 x64_64
・CentOS 6.9 x86_64
・CentOS 7.5 x86_64
・Debian 8.11 x86_64
・Debian 9.5 x86_64

DCMによって自動的にインストールされるもの:
・Oracle OpenJDK
・PostgreSQL
・Apache Tomcat
・bouncycastle、Jackson、Xalan、zlib、commons-fileupload、
 javamail、smtp、Pio、cxf などその他のライブラリー

サポートブラウザ
・Mozilla Firefox 67
・Google Chrome 74
・Microsoft Edge 41

管理デバイス要件
管理する際には管理エージェントは不要です。
IPMIにログインしてIPMIから情報を取得します。
管理対象可能なデバイスは、IPMI搭載のサーバおよびPDU
 サポートリストは以下のURLから参照
 https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/software/dcm-supported-servers.html

評価版の入手URL
以下のURLから30日の評価版を入手することができます。
https://plan.seek.intel.com/SSG__NC_LPCS_JA_2017_DCMWebfomLandingPageJapanese_17889