LAMMPS

LAMMPSは米エネルギー省サンディア国立研究所のS. Plimptonらのグループにより開発された古典分子動力学(MD)計算プログラムです。金属や半導体などの固体、生体分子やポリマーなどのソフトマター、メゾスコピック系物質などに対応した多彩なポテンシャルが用意されています。開発当初はFortranでコーディングされていましたが、現在は、C++でコーディングされています。並列処理やGPU、Xeon Phiを利用して容易に高速化が可能です。フリーソフトウェアであり、GNU GPLライセンスに基づいて自由に改変可能であることも特徴です。

Status

https://lammps.sandia.gov/bug.html

18 Sep 2018

Laurent Joly (University of Lyon) and Romain Vermorel (University of Pau and Pays de l’Adour): New compute stress/mop and compute stress/mop/profile commands. See PR #1092.

New compute chunk/spread/atom and compute reduce/chunk commands. See PR #1089.

Variable option for compute bond/angle/dihedral local commands. See PR #1089.

This patch file can be applied to the 5 Sep 2018 version. This is the list of changed files.

マニュアル

https://lammps.sandia.gov/index.html

特記事項

GPGPUの波及効果

  • キャンペーン情報
    現在開催されているお得なキャンペーン情報はこちらから。
    詳細
  • ご購入前のお問合せ
    フォームにご入力いただければ後ほど営業よりご連絡させていただきます。
    詳細
  • 見積り依頼
    フォームにご入力いただければ後ほど営業よりご連絡させていただきます。
    詳細
CONTACT

お問い合わせ

お客様に最適な製品をご提案いたします。まずは気軽にお問い合わせ下さい。
075-353-0120

平日9:30~17:30 (土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始、夏期休暇は、休日とさせていただきます。)