ホーム > 企業情報 > サステナビリティ > 2030年の削減目標に対する年度ごとの実績追跡
2030年の削減目標に対する年度ごとの実績追跡

TCFD提言に則った公開情報の最下段にリンクされた『目標設定と現状把握・実現可能性検討』ドキュメントに記載の各目標に対し、当社の実績を一定期間ごとに開示していきます。



1. Scope2 自社の電気の使用によるCO2排出量

Scope2については、2030年までに、2018年の排出量から37%削減することを目標としています。
(詳細は 『目標設定と現状把握・実現可能性検討』P.4~6をご参照ください)

2021年より、当社の工場や重要拠点にて、再生可能エネルギーにより発電された電力の使用を開始しました。
これまでに、2拠点の再エネ電力化を完了し、当社全体として、年間約150トンのCO2排出量を削減できる見通しです。これは、2018年の排出量のほぼ46%に相当し、2030年目標の37%削減を達成見込みとなりました。

上記の図は、再エネ導入により削減される排出量の予測を示したものです。
今後、年度ごとに、当社の実際の年間CO2排出量(本社、匝瑳工場、A拠点の合計値)を算出し、以下に記載していきます。


●日本会計年度(当年4月~翌年3月)ごとの排出量実績

2021年度は、年度の半ばから再エネを導入したため、排出量実績値への効果はまだ小さいですが、2022年度以降は、2030年目標を達成する見込みです。
引き続き、上記グラフにて、実績推移を開示していきます。





2. Scope3-⑪ 製品の使用によるCO2排出量

Scope3については、④輸送・配送、⑦通勤、⑪製品の使用による排出量に着目しています。それぞれに対し、 2030年までに、2018年の排出量から20%削減することを目標としています。
(詳細は 『目標設定と現状把握・実現可能性検討』P.7~20をご参照ください)

ここでは、Scope3-⑪の当社が販売した製品が使用されることにより排出されるCO2の削減実績について記載します。
今後、年度ごとに、当社製品の使用による排出量実績値を算出し、『目標設定と現状把握・実現可能性検討』P.19、20に掲載の排出量現状値と削減予測曲線のグラフに重ねてプロットし、以下に記載していきます。(グラフの体裁は、見やすいように変更しました)



●日本会計年度(当年4月~翌年3月)ごとの排出量実績

2021年度は、両事業部とも、CO2排出量が大きく改善され、すでに2030年に向けた削減目標(2018年から20%削減)をクリアしました。これは、当社販売製品の省エネ化、また、サイエンスクラウドへの移行推進などによる市場での消費電力量の低下が着実に表れた結果と考えられます。さらに、環境省が毎年公表するCO2排出係数(https://ghg-santeikohyo.env.go.jp/calc)の低下も影響しています。
ただし、半導体供給等の市場状況による販売台数への影響も一因としてあることから、来年度以降の推移を引き続き追跡し、上記グラフにて開示していきます。




3. Scope3-⑦ 通勤によるCO2排出量

Scope3については、④輸送・配送、⑦通勤、⑪製品の使用による排出量に着目しています。それぞれに対し、2030年までに、2018年の排出量から20%削減することを目標としています。
(詳細は 『目標設定と現状把握・実現可能性検討』P.7~20をご参照ください)


ここでは、Scope3-⑦の通勤により排出されるCO2の削減について記載します。
通勤カテゴリについて、当社はKPIとして、『目標設定と現状把握・実現可能性検討』P.13に示すように、「本社勤務従業員のオフィス出勤率を50%に抑制」することを掲げています。コロナ禍により急速に進んだ在宅勤務を、従業員の働きやすさを向上させる形で定着させ、アフターコロナでの働き方改革につなげていきたいと考えています。
これは、従業員幸福度(Well-being)の向上という当社の人財に対する基本的な考え方に通じる施策ともなります。人財に対する考え方は、S(Social)のページに『人財グランドデザイン』として詳細を記載していきます。
本カテゴリのKPIである「本社勤務従業員のオフィス出勤率」は、月ごとの推移を管理し、その年の傾向を開示していきます。



●一年(当年1月~12月)ごとのオフィス出勤率傾向

2022年1月~4月実績は、平均60%であり、現状把握時(2021年6月)から大きな変化はありませんでした。引き続き月ごとの推移を把握し、適切な施策の検討を進めていきます。




4. Scope3-④ 輸送・配送によるCO2排出量

Scope3については、④輸送・配送、⑦通勤、⑪製品の使用による排出量に着目しています。それぞれに対し、2030年までに、2018年の排出量から20%削減することを目標としています。
(詳細は 『目標設定と現状把握・実現可能性検討』P.7~20をご参照ください)

ここでは、Scope3-④の輸送・配送により排出されるCO2の削減について記載します。
輸送・配送カテゴリについて、当社は『目標設定と現状把握・実現可能性検討』P. 9に示すように、「社有車のCO2排出量」に着目しています。
社有車を順次、低CO2排出の車両へ置き換えていく計画ですが、新エネルギー技術、自動車関連技術の進歩を見据えつつ、適切な時期に置き換えを実施していきます。
進捗があれば、本ページにて情報を開示していきます。

Contact
お問い合わせ