Windows Server 2012 R2

Windows® Server 2012 R2は、マイクロソフトが開発したWindows® Server 2012の後継となるサーバー向けオペレーティングシステムです。 2013年10月17日にリリースしました。Windows 8.1をベースとしています。
Windows® Server 2012 R2では、仮想化の大幅な強化が行われました。仮想化プラットフォームの「Hyper-V」が無償で組み込まれており、簡単に既存のインフラストラクチャと管理ツールに統合できるよう設計されています。1台の物理サーバに、各サーバを仮想化して集約し、より高密度で柔軟なシステム構築が可能となりました。
仮想化権限と機能の制限によりEssentials、Standard、Datacenterの3つのエディションがあります。 Hyper-Vは、すでに幅広い用途で利用されており、これまで同様にWindowsのノウハウをそのまま活用できるため、Windowsに精通した管理者であれば、 仮想化において新規に利用方法など学習する必要がなく、貴重なリソースと時間をトレーニングに費やす必要がないというメリットもあります。
機能的にはWindows Server 2012の各機能を改良したものですが、有用な機能が多く追加されています。全体的には仮想化・クラウド対応の強化(Azure Pack)やネットワーク機能の強化(SDN)、パフォーマンス改善や生産性向上などが特徴となります。
メインストリームサポートの終了により、機能の追加や仕様変更、新機能リクエスト、無償サポートライセンス、ライセンスプログラムおよびそのほかの無償サポートが終了しますただし、有償サポートやセキュリティ更新プログラムなどは提供される、延長サポートは2023年10月10日まで行なわれるため、今後5年間はWindows Server 2012 R2を利用できます。

  • キャンペーン情報
    現在開催されているお得なキャンペーン情報はこちらから。
    詳細
  • ご購入前のお問合せ
    フォームにご入力いただければ後ほど営業よりご連絡させていただきます。
    詳細
  • 見積り依頼
    フォームにご入力いただければ後ほど営業よりご連絡させていただきます。
    詳細
Contact

お問い合わせ

お客様に最適な製品をご提案いたします。まずは気軽にお問い合わせ下さい。
03-5446-5531

平日9:30~17:30 (土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始、夏期休暇は、休日とさせていただきます。)