ホーム > イベント・セミナー > 外観検査の自動化における現状の課題と解決方法について~VisionPro Deep Learning の役割~


近年、マシンビジョンシステムにおいても積極的にディープラーニングの活用が進み、特に産業分野ではルールベースによる画像処理からファクトリオートメーション用に設計されたディープラーニングベースの画像解析が注目されてます。
ディープラーニングを使い学習~推論までをスクラッチで開発するには、既存のマシンビジョンシステムが複雑すぎて実現できなかったり、または手間やコストがかかりすぎて諦めた方もいらっしゃるかもしれません。
本ウェビナーでは、今まで人の知見で得られた経験をプログラミングしてきたルールベースからディープラーニングに刷新し現場で活用ができるまでをテーマに、VisionPro Deep Learning 「ViDi」の活用事例を通し、産業用コンピュータやエッジコンピューティングの選び方をご紹介いたします。

▼このような課題・お悩みをお持ちの方におすすめです

  • 慢性的な人手不足をディープラーニング活用で解決したいとお考えのご担当者様
  • 目視作業からAIによる自動化をお考えのご担当者様
  • ルールベースによる画像処理からディープラーニングにしたいとお考えのご担当者様
  • 閾値などの判断をAIに置き換えたいとお考えのご担当者様
  • 生産性のより一層の改善をお考えのご担当者様

▼アジェンダ

VisionPro Deep Learning ViDiのご紹介
ルールベースとAIとの違い
スターターキットについて
スターターキットに最適なコンピュータのご紹介

 
愛電株式会社 新規事業部
木村 俊史様
HPCシステムズ株式会社 CTO事業部 セールス&マーケティンググループ
長谷川 和也

▼参加日時・方法

  • 開催日時:2021年4月27日(火)11:00~12:00
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 定員:100名(先着)
  • 開催方法:ウェビナー
  • 参加方法:お申込後にメールにてご案内いたします。

▼参加対象

目視検査・マシンジョンでお悩みのご担当者様向け

▼共催

共催:HPCシステムズ株式会社、愛電株式会社

■注意事項

競合他社/同業者/企業にご所属でない個人の方からのお申込みなど、 当社の判断によりセミナー参加をお断りする場合があります。予めご了承ください。


Contact
お問い合わせ