ホーム > HPC・DL・AI > 計算化学 > 受託サービス > 計算化学セミナー > S201 分子動力学 ~できること・できないこと~

S201 分子動力学 ~できること・できないこと~

  • 計算化学がはじめての方
  • 講義形式
  • 1~2 時間

分子動力学計算は製薬メーカーや高分子材料メーカーなど一部の産業分野に活用され始めた、今後の発展が期待されている計算方法です。課題もまだまだ多い方法ですが、製品開発にうまく活用している事例があります。

目次

1 はじめに
 1-1 シミュレーション(計算)とは?
 1-2 計算の適用対象
 1-3 計算対象と計算方法の関係
 1-4 計算手法の比較

2 MD計算の活用事例10

3 MD計算とは?
 3-1 MD計算の基礎知識
 3-2 分子力場とは?
 3-3 MD計算の手順
 3-4 計算できること・計算できないこと
 3-5 アイディア次第で道は開ける
 3-6 計算を活用した研究の進め方

4 事例研究 ~MD計算をどのように研究に活用すればよいか~

関連サービス

このセミナーを受講された方はこんなサービスも利用されています

はじめてのAMBER / S204 はじめてのタンパク質計算 AMBER編
AMBERの基礎的な使い方を学ぶセミナーです。

はじめてのGROMACS / S205 はじめてのタンパク質計算 GROMACS編
GROMACSの基礎的な使い方を学ぶセミナーです。

計算サポートサービス
ソフトウェア利用中のわからないことや困ったことを解決するサービスです。

  • キャンペーン情報
    現在開催されているお得なキャンペーン情報はこちらから。
    詳細
  • ご購入前のお問合せ
    フォームにご入力いただければ後ほど営業よりご連絡させていただきます。
    詳細
  • 見積り依頼
    フォームにご入力いただければ後ほど営業よりご連絡させていただきます。
    詳細
CONTACT

お問い合わせ

お客様に最適な製品をご提案いたします。まずは気軽にお問い合わせ下さい。
075-353-0120

平日9:30~17:30 (土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始、夏期休暇は、休日とさせていただきます。)