仮想化ソリューション

ホーム » HPCソリューション » 仮想化ソリューション

仮想化ソリューション

サーバー仮想化とは

 1台の物理的なサーバーを複数台の仮想的なサーバーに分割して利用する仕組みをサーバー仮想化といいます。仮想サーバー上では、それぞれにOSやアプリケーションを動作させることができます。サーバー仮想化により、サーバー台数を削減することで、設置スペース/消費電力/ハードウェア投資コストを削減することができます。また、サーバー環境を「カプセル化」し、ファイルとして管理できるようになるため、システム管理の効率化につながり、事業継続/災害対策にも寄与します。
 高度に最適化・並列化されたアルゴリズム、そして長大な計算時間を特徴とするHPCにおいても、サーバー仮想化は計算環境の利便性に大きなブレークスルーをもたらします。

仮想サーバイメージ

サーバー仮想化で解決! HPCと切り離せない「悩み」を解決!


case1

■ ハードウェア依存性を仮想化が吸収!


古いアプリケーション・古いOSごと仮想化して実行するように変えることで、新しいハードウェア上でも従来と変わらず古いアプリケーションを使い続けることができます。古いハードウェアを使い続けるリスクから開放され、より高速に計算を実行できるようになります。

vs_image_01

case2

■ 仮想OSならいつでも簡単に計算を中断/再開可能!


サーバー仮想化技術の一つとして、
  1. 動いている仮想OSのCPUレジスタとメモリ内データを仮想OSイメージとしてまるごとディスクに書き出す
  2. 仮想OSの処理を中断させる
  3. 仮想OSイメージを取り込んでCPU状態とメモリ状態を復元し、仮想OSの処理を再開させる
という流れで「中断&再開」機能があります。
仮想OSを全体まるごと書き出し/復元しますので、仮想OS上で動いていた全てのプロセスも同様に中断&再開されます。
したがって、仮想OS上で計算を行っておけば、停電の少し前に仮想OSイメージをディスクに吐きだしておいて、サーバーを物理的にシャットダウンし、停電復旧後、サーバーを立ち上げて仮想OSを再開させて計算を継続することができます。
これにより、停電による途中結果喪失の心配なく、計算に時間と電力を投資できるようになります。

vs_image_02


サーバー仮想化によるメリット

 上記は、サーバー仮想化技術によりHPCユーザーが得られるメリットの代表例です。この他にもシステム管理者とユーザーの双方でさまざまな恩恵を享受することができます。


仮想化のメリット
ハードウェア構成例

お問い合わせ

■ フォームからのお問い合わせ

お問い合わせは以下のフォームよりお願いいたします。うまく送信されない場合は、メールでお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

■ 電話・FAXでのお問い合わせ

number

【免責事項】