オプション製品ラインナップ

ホーム » HPCソリューション » オプション品ラインナップ » インテル® SSD DC S3500/S3700 シリーズ 製品仕様

| 特長 | 仕様 | オプション一覧 |

インテル® SSD DC S3500/S3700 シリーズ 製品仕様

インテル® SSD DC S3500 シリーズ
容量 120GB 160GB 240GB 300GB 480GB 600GB 800GB
シーケンシャルリード 445 MB/s 475 MB/s 500 MB/s 500 MB/s 500 MB/s 500 MB/s 500 MB/s
シーケンシャルライト 135 MB/s 175 MB/s 260 MB/s 315 MB/s 410 MB/s 410 MB/s 450 MB/s
ランダムリード 75000 IOPS 75000 IOPS 75000 IOPS 75000 IOPS 75000 IOPS 75000 IOPS 75000 IOPS
ランダムライト 4600 IOPS 7500 IOPS 7500 IOPS 9000 IOPS 11000 IOPS 11000 IOPS 11500 IOPS
レイテンシー
リード
50 µs 50 µs 50 µs 50 µs 50 µs 50 µs 50 µs
レイテンシー
ライト
65 µs 65 µs 65 µs 65 µs 65 µs 65 µs 65 µs
消費電力
アクティブ時
2.3W 2.5W 3.1W 3.5W 4.3W 4.5W 5W
消費電力
アイドル時
0.8W 0.9W 0.9W 0.9W 0.9W 0.9W 0.9W
耐久性評価
(書き込み上限数)
70 TBW 100 TBW 140 TBW 170 TBW 275 TBW 330 TBW 450 TBW
平均故障間隔 (MTBF) 2,000,000時間 2,000,000時間 2,000,000時間 2,000,000時間 2,000,000時間 2,000,000時間 2,000,000時間
フォームファクター 2.5インチ 2.5インチ 2.5インチ 2.5インチ 2.5インチ 2.5インチ 2.5インチ
インターフェイス SATA 6Gb SATA 6Gb SATA 6Gb SATA 6Gb SATA 6Gb SATA 6Gb SATA 6Gb
リソグラフィー 20 nm 20 nm 20 nm 20 nm 20 nm 20 nm 20 nm
保証期間 5年間 5年間 5年間 5年間 5年間 5年間 5年間
インテル® SSD DC S3700 シリーズ
容量 100GB 200GB 400GB 800GB
シーケンシャルリード 500 MB/s 500 MB/s 500 MB/s 500 MB/s
シーケンシャルライト 200 MB/s 365 MB/s 460 MB/s 460 MB/s
ランダムリード 75000 IOPS 75000 IOPS 75000 IOPS 75000 IOPS
ランダムライト 19000 IOPS 32000 IOPS 36000 IOPS 36000 IOPS
レイテンシー
リード
50 µs 50 µs 50 µs 50 µs
レイテンシー
ライト
65 µs 65 µs 65 µs 65 µs
消費電力
アクティブ時
2.9 W 4.4 W 5.4 W 6 W
消費電力
アイドル時
650 mW 650 mW 650 mW 650 mW
耐久性評価
(書き込み上限数)
10 drive writes per day for 5 years 10 drive writes per day for 5 years 10 drive writes per day for 5 years 10 drive writes per day for 5 years
平均故障間隔 (MTBF) 2,000,000時間 2,000,000時間 2,000,000時間 2,000,000時間
フォームファクター 2.5インチ 2.5インチ 2.5インチ 2.5インチ
インターフェイス SATA 6Gb/s SATA 6Gb/s SATA 6Gb/s SATA 6Gb/s
リソグラフィー 25 nm 25 nm 25 nm 25 nm
保証期間 5年間 5年間 5年間 5年間

用語解説

シーケンシャルリード:シーケンシャルアクセスの「読出し」方法のこと。HDDなどの記録媒体を先頭から順番に読出していくアクセス方法を言います。先頭から順番に読出すため、 後尾データへのアクセスに時間がかかるという特徴があります。同様に、読出しが常に先頭から行われるため、シークタイムが少ないのが特徴です。

シーケンシャルライト:シーケンシャルアクセスの「書込み」方法のこと。HDDなどの記録媒体を先頭から順番に書込んでいくアクセス方法を言います。 ストレージのアクセス性能を評価する為に、シーケンシャルライトの測定値が用いられることがあります。

ランダムリード:ランダムリードとは、データを任意のキーや、レコードの番号でレコードを選択して読み取る方法のことを言います。 SSDでは、物理的にヘッドやディスクが移動する待ち時間が発生しないため、ハードディスクに比べて非常に高速です。

ランダムライト:ランダムライトとは、ランダムリードと同様にデータを任意のキーや、レコードの番号でレコードを選択して書き込む方法のことを言います。 書き込み速度はシーケンシャルライトに比べて低速です。

IOPS:IOPSとは、Input Output Per Secondの略で、1秒間に可能なI/O(リード/ライトの処理)の回数をあらわすものです。数値が高いほど処理能力が高いということになります。 一般に、ハードディスクやSSDの性能を示すために用いられます。

お問い合わせ

■ フォームからのお問い合わせ

お問い合わせは以下のフォームよりお願いいたします。うまく送信されない場合は、メールでお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

■ 電話・FAXでのお問い合わせ

number

【免責事項】