OS・ミドルウェア・コンパイラーなど

ホーム » HPCソリューション » HPCアプリケーション » ミドルウェア

ミドルウェア

ジョブ管理ソフト

IBM Platform LSF
IBM Platform LSFは、ミッションクリティカルな計算・解析・シミュレーション等のアプリケーションのバッチワークロード処理を高速・高スループットで運用可能にします。IBM Platform LSFを使用することにより、HPC環境のバッチワークロード処理をインテリジェントなスケジューリングで実行することができます。IBM Platform LSFは、業種や分野を問わず既存ハードウェアリソースの使用率を最大化させます。
Lava
オープンソースソフトウェアとしてリリースされているLavaは、IBM Platform LSFのサブセット版です。IBM Platform LSFと比較すると、ノード数の上限が512、ジョブの割り込みが不能、スケジューラが簡易、Windowsの未サポートなどの制限があります。
PBS Pro
NASAで1991年に開発されたPBSを源にしたアルテアエンジニアリング株式会社のPBS Proは、ワークロードとリソース管理を行い、 ジョブ投入を簡易化することができます。Open Grid Forum HPC Basic Profileのメタスケジューリングをサポートし、 可能な限り高いリソース利用度と回復力を実現します。
Grid Engine
2000年にSun Micro Systems Inc.で開発されたジョブスケジューラーのSun Grid Engineは2001年にソースが公開され、 オープンソース版のGrid Engineプロジェクトが開始しました。しかし、2010年にSun Micro Systems Inc.を買収した Oracle CorporationがGrid Engineプロジェクトを停止したため、Open Grid SchedulerプロジェクトがOpen Grid Scheduler としてリリースしています。 なお、商用版はOracle CorporationがOracle Grid Engineをリリースし、さらにUniva CorporationがUniva Grid Engineを リリースしています。
TORQUE Resource Manager
米Adaptive ComputingがオープンソースソフトウェアとしてリリースしているTORQUE Resource ManagerはPBS Proと同様に NASAで1991年に開発されたPBSを源にしています。単体では非常に簡易なスケジューラしか搭載していないため、 リソース管理用スケジューラとしてMaui Cluster Schedulerを組み合わせて使われています。

【免責事項:外部リンクについて】弊社は本サイトへリンクを張っている第三者のサイト(以下、外部リンクといいます)の確認を行っておりません。 また弊社は外部リンクの内容およびお客さまの外部リンクの使用に関連して発生したいかなる損害に対しても責任を負いません。 本サイトから第三者のサイトへリンクしていることが、当該サイトの商品やサービスを保証するものでもなく、また外部リンクにある情報は、 弊社が保証したものでも、認めたものでもありません。あらかじめご了承くださいますようお願いします。

お問い合わせ

■ フォームからのお問い合わせ

お問い合わせは以下のフォームよりお願いいたします。うまく送信されない場合は、メールでお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

■ 電話・FAXでのお問い合わせ

number

【免責事項】