ホーム » HPCソリューション » 講習会情報:GPGPU講習会 - CUDAからディープラーニングまで -

GPGPU講習会 - CUDAからディープラーニングまで -

このたびHPCシステムズは、下記の日程にて講習会を実施する運びとなりましたので、お知らせいたします。

開催概要

タイムテーブル

13:00

13:10
ご挨拶
13:10

13:30
九州大学情報基盤研究開発センターのGPGPU紹介
九州大学情報基盤研究開発センター
13:30

14:45
データ解析ワークフローの効率アップ ~前処理からデータ解析,並列化までを簡単&高速に~
Mathworks
データ解析を行う際には、複雑なコーディングや大規模演算の高速処理が必要になることが多々あります。MATLABはなるべくコーディングに時間をかけなくてよいように設計されており、データ解析によく使用される機械学習や並列計算についても他のプログラミング言語と比べて簡単に使用することができます。本セッションでは具体的に以下の例を取り上げます。
・グラフオブジェクトやスパース行列による効率的なメモリ利用
・データストアによる機械学習のためのデータセット分割の自動化
・マルチCPUを使用した最適化計算や画像処理の並列化
・GPUを使用した画像前処理の高速化
・ディープラーニングによる画像認識の高速処理
14:45

15:00
休憩
15:00

15:30
VASP・AMBERのGPU版の性能評価
HPCシステムズ
いくつかの計算化学アプリケーションにおいて、GPUをもちいた計算の加速が可能となっています。今回は、第一原理計算アプリケーションのVASP、そして分子動力学計算アプリケーションのAMBERについて、CPU版と比較しながらGPU版の実効性能を報告します。
15:30

16:30
今更聞けないGPU入門  - CUDAからディープラーニングまで -
エヌビディア
数値解析、金融工学、気象など様々な分野でGPUが使われ、アプリケーションが高速化しています。また、ディープラーニングをGPUで高速化して革新的な研究成果やサービス提供が増えてきています。
本講演では、GPGPUに興味を持っている方や実際に使用しているがうまく使えていない方を対象に、NVIDIAのGPUアーキテクチャやNVIDIA GPUで並列コンピューティングを行う方法などを分かりやすく説明いたします。
16:30

17:30
GPUもくもく自習会
会場の端末、または持ち込みのLaptopでMatlab、GPUプログラミングなどを体験していただきます。また、参加企業のエンジニアに質問できる場を設けます。
メニュー例)
ディープラーニング、Matlab、CUDA、OpenACC、GPUアクセラレーテッドライブラリ

申し込み方法

受講を希望される方は、九州大学情報統括本部 情報基盤課 全国共同利用担当 宛にお申し込みください。申し込みの際には、下記の書式をご利用ください。

※電子メールのタイトルは「講習会申込み」としてください。
------------------------------------------------------------------------
情報基盤研究開発センター講習会申込書 (電子メール用)

講習会名:
(受講を希望する講習会だけを残し、希望しない講習会を以下のリストから消して下さい。)

[5月10日]  GPGPU講習会 - CUDAからディープラーニングまで -

氏名:
所属 (学生の方は研究室まで):
職名 (学生の方は学年):
電話番号:
E-mail:
SSO-KID/学生IDの有無:
------------------------------------------------------------------------

* 当日の受付時間は講習会開始時間の15分前からです。
* テキストは当センターで用意します
★申込期限は、5月2日(火)までです★