ラックマウントサーバー製品ラインナップ

ホーム » HPCソリューション » ラックマウントサーバー製品ラインナップ » HPC5000-ARM216R2H-HI1616の特長

| 特長 | 仕様 | 価格  | 製品一覧 | 製品カタログ |

HPC-ARM-Series HPC5000-ARM216R2H-HI1616の特長

HiSilicon®の第二世代Arm64 SoC 搭載 2Uサイズの高性能HPCサーバー
HPC5000-ARM216R2H-HI1616_main HPC5000-ARM216R2H-HI1616
HPC5000-ARM216R2H-HI1616は、 HiSilicon®の第二世代Arm64 SoCは、Armのハイエンド向けCortex-A72 マイクロアーキテクチャを実装したHiSilicon®の最新プロセッサーです。2Uサイズのラックマウント筐体に最大2CPU(64コア)、512GBメモリ、16台の3.5型 SAS/SATA HDDを搭載可能です。
HPC5000-ARM216R2H-HI1616_main_banner HPC5000-ARM216R2H-HI1616_front_banner HPC5000-ARM216R2H-HI1616_rear_banner

製品の特長

■ 最新のHiSilicon®Arm64 SoCを2基搭載

HiSilicon®Hi 1616 プロセッサーを、デュアルソケット構成で搭載しており、ソケットあたり32の物理コアと周波数2.4GHzのパフォーマンスを備えています。

■ 最大512GBのメモリ容量

DDR4-2400対応メモリスロットを16本搭載しています。32GBメモリモジュールを使用することで最大512GBのメモリ容量を確保することができます。

■ 3.5型HDDを16台まで搭載可能

HPC5000-ARM216R2H-HI1616は、2Uサイズのラックマウント筐体に最大2CPU(64コア)、512GBメモリ、16台の3.5型 SAS/SATA HDDを搭載可能です。

■ 豊富なネットワークインターフェイス

10Gbps SFP+ネットワークポートを2ポートサポートしています。 RJ45 ネットワークポートはGigabit Ethernetを2ポート提供しています。

■ 扱いやすいラック搭載用レールキット

ツール不要で装着が可能なレールキットが付属しています。

■ IPMI2.0 (Intelligent Platform Management Interface 2.0) が高度な遠隔監視、操作を実現

IPMI2.0 (Intelligent Platform Management Interface 2.0) が高度な遠隔監視、操作を実現。
オンボードに実装されたHiSilicon® Hi1710 を介し、IPMI2.0機能を使用してサーバ製品のリモートによるマネジメントを行うことができます。

■ 冗長化電源搭載による高い障害耐性

容量460W or 750W 80 PLUS認証PLATINUMクラスのPSUを2個搭載し、冗長機能をサポートしています。


HiSilicon® Gen.2 Arm64 SoCを2基搭載

badge-xeon

HiSilicon®の第二世代Arm64 SoCは、Armのハイエンド向けCortex-A72 マイクロアーキテクチャを実装したHiSilicon®の最新プロセッサーです。Armv8-A 64ビット命令セットとNEON SIMD拡張命令セットをサポートしています。32個の多数のコアの搭載を維持しながら、前世代に比べ動作周波数が 2.1 GHz から 2.4 GHz に向上し、高性能化に貢献しています。さらに、L2キャッシュが2MB/coreと比較的大きく、熱流体や量子化学など、キャッシュへの連続的なアクセスが多いアプリケーションの高速化に効果的設計となっています。

HiSilicon® Gen.2 Arm64 SoCの特長

badge-xeon

■ 拡張命令セット NEON SIMD

HiSilicon® Gen.2 Arm64 SoCには、SIMD命令セット NEONが搭載されています。SIMDベクトル幅は128ビットに対応しています。NEONは8・16・32・64ビットの整数および、16・32・64ビットの浮動小数点数を扱うことができます。

■ CPU内の構造

HiSilicon® Hi1616で採用されているリングバス接続方式は、チップ製造においてコア等の電子回路を拡張しやすい特長があります。キャッシュ容量については、L2キャッシュの容量が2MB/coreと比較的大きく、熱流体や量子化学など、キャッシュへの連続的なアクセスが多いアプリケーションの高速化に効果的な設計となっています。


お問い合わせ

■ フォームからのお問い合わせ

お問い合わせは以下のフォームよりお願いいたします。うまく送信されない場合は、メールでお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

■ 電話・FAXでのお問い合わせ

number

【免責事項】