ワークステーションラインナップ

ホーム » HPCソリューション » ワークステーション製品ラインナップ » ForScientist XD1の特長

| 特長 | 仕様 | 価格 | 製品一覧 | 製品カタログ |

ForScientist XD1の特長

インテル® Xeon® プロセッサー D-1587 搭載(16コア)
省電力と高性能を両立するデスクトップワークステーション
ForScientistXD1 ForScientist XD1
ForScientist XD1は、インテル® Xeon® プロセッサー D-1500 ファミリーを搭載する省電力・静音設計の高性能デスクトップワークステーションです。
A4サイズのスリムタワー筐体にインテル® Xeon® プロセッサー D-1587 (16コア, 1.7GHz) を1CPU、64GBメモリ、2TB SATA HDDを標準搭載。大規模なモデルのI/Oにも対応可能な10GBase-Tネットワークポートを2ポート備えており、量子化学計算などのCPUインテンシブなアプリケーションのワークロードに最適なパフォーマンスを提供します。
ForScientistXD1_main_banner ForScientistXD1_front_banner ForScientistXD1_rear_banner ForScientistXD1_mb_banner

製品の特長

■ コストパフォーマンスに優れ、量子化学計算に最適な計算機

badge-xeon_100x100ForScientist XD1は、インテル® Xeon® プロセッサー D-1587を搭載。TDP 65Wの低消費電力ながら16コア、1.7GHzの仕様を実現しています。
インテルが組み込み用途に開発したインテル® Xeon® プロセッサー D-1500 製品ファミリーは、メモリコントローラー、統合I/Oコントローラー、10ギガビット・イーサネット・コントローラーを内蔵したシステム・オン・チップ (SoC)。コストを抑えつつも量子化学計算などのCPUインテンシブなアプリケーションのワークロードに最適なパフォーマンスを提供します。

■ SoCによる10GbEポートと最大128GBメモリ

インテル® Xeon® プロセッサー D-1500 製品ファミリーのSoCには10ギガビット・イーサネット・コントローラーが含まれ、ForScientist XD1はオンボードで10GBase-Tネットワークポートを2ポート備えています。また、SoCに含まれるメモリコントローラーは、DDR4メモリを最大128GBまで搭載可能とします。

※本製品の標準構成は64GBメモリとなります。

■ 高効率、高信頼な日本製電源ユニットを採用

ForScientist XD1のコンパクトな筐体に適したFlexATX規格サイズの小型電源ユニットを採用。高効率、高信頼の日本製電源ユニットは温度検出型可変速ファンを搭載し、高い静音性を確保しています。

■ 静音性を究極までつきつめたデスクトップワークステーション

低発熱のプロセッサー、温度検出型可変速ファン搭載の電源ユニットなどにより、ForScientist XD1は静音性を究極にまでつきつめています。緻密に計算されたエアフロー設計は静音性を保ちながら筐体内の熱を効率よく逃がし、温度上昇をおさえシステムの安定動作をサポートしています。

■ コンパクトなスリムタワー筐体

ForScientist XD1は、W328mm × D221mm × H89mmのほぼA4サイズ。インテル® Xeon® プロセッサー D-1587の低消費電力、FlexATX規格サイズの小型電源ユニット、Mini-ITXマザーボードなどがコンパクトな筐体の実現に寄与しています。

Xeon D-1587 による Gaussian09 Rev. E.01 ベンチマーク結果

XeonD-G09-BMT01 XeonD-G09-BMT02 XeonD-G09-BMT03
XeonD-G09-BMT04 XeonD-G09-BMT05 XeonD-G09-BMT06

Xeon D-1587(16コア, 65W)は E5-2600 v4 ファミリーと同一アーキテクチャのCPUですが、低消費電力と高性能を両立している点が特長です。
Gaussian09 Rev. E.01 (AVX有効) ベンチマーク結果での並列数に応じた経過時間をグラフに示します。
E5-2699 v4 2CPU(計44コア, 290W)に対して、D-1587(最大消費電力比22%)は、同じ並列数での比較で約60%、最大並列数での比較で約27%の計算速度を達成しています。
D-1587は、メモリチャンネル数が2と少ないですがCPU演算ボトルネック傾向の強いGaussian計算ではこの影響が現れないため、Gaussian用途に適したCPUと言えます。

科学技術計算、CAE解析で利用するための計算機の開発

HPCシステムズでは最新のインテル® プロセッサーを搭載した計算機システムを量子化学計算、バンド計算、流体解析、構造解析、ゲノム解析をはじめとする科学技術計算、CAE解析用途に利用できるようにするため、計算機ハードウェアの開発、検証と各種アプリケーションの検証、最適化を行っています。筐体、HDD、メモリ、ネットワーク機器、各種カードなどの選定を行い、すべてのHPC製品は運用時と同じ連続高負荷状態でエージングを実施したうえで出荷され、初期不良を排除し運用開始後の不具合発生を最小限に抑えます。

高性能計算機を届いたその日から利用

HPCシステムズが提供するSystem Integration Packをご利用いただければ、用途に合わせた最適な構成選択を行い、オペレーティングシステムのインストール、ネットワーク設定からNTPによるクラスター内の時刻設定のセットアップ、NISによるユーザ認証情報の一括管理やNFSによるホーム領域の共有をはじめMPIセットアップやジョブ管理システムのセットアップなどHPCクラスターに必要なセットアップを済ませたうえでお届けしています。お客様は導入したその日から性能・安定性・操作性の高い計算機ソリューションを利用して研究、業務に専念することができます。

各種アプリケーションに対応

科学技術計算やCAE解析の各種アプリケーションについて社内で動作検証・性能確認を行い、環境設定まで含めてセットアップしています。ご導入にあたってお手持ちのインプットを使用したベンチマークテストも可能です。アプリケーションに合わせて最適なシステム構成をご提案いたします。

お問い合わせ

■ フォームからのお問い合わせ

お問い合わせは以下のフォームよりお願いいたします。うまく送信されない場合は、メールでお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

■ 電話・FAXでのお問い合わせ

number

【免責事項】